◯レントゲン撮影で、最新のフラットパネルを導入しました。 | 【ゆたかクリニック】兵庫県尼崎市の整形外科・リハビリテーション・リウマチ科・内科・脳神経外科

06-4961-5700
〒661-0025 兵庫県尼崎市立花町1-5-15

ゆたかクリニックからのお知らせ

◯レントゲン撮影で、最新のフラットパネルを導入しました。

投稿日: 2018年08月03日 12時42分

一般撮影装置FPD(フラットパネルディテクタ)のご紹介

このたび当クリニックでは新しく一般撮影装置(レントゲン撮影装置)にFPD(フラットパネルディテクタ)を導入いたしました。従来まではCR(コンピューテッド ラジオグラフィ)装置にて撮影を行ってきましたが、昨今の放射線被曝への関心(福島原発の放射線被害など)の高まりと呼応し、より被曝を低減するためにこのたびコニカミノルタ社製「FPD(フラットパネルディテクタ)」)導入の運びとなりました。

<FPD(フラットパネルデ

▪️さらなる被曝の低減!

ィテクタ)は患者さまの負担を大幅に軽減することができます!>

従来のCR装置も昔から使われてきたフィルム撮影に比べ被曝は大分低減できていましたが、このたび導入したFPD(フラットパネルディテクタ)はCR装置より更に20%ほど被曝を低減することができます。

▪️画像を得るまでの時間が減少!

従来のCR装置では、デジタルとはいえ専用の読み取り機で画像を表示するまでに約1分間ほど時間がかかっておりましたが、FPD(フラットパネルディテクタ)はX線曝射後1秒台で画像が表示されます!

▪️身体的苦痛を大幅減!

従来の撮影では、一回ごとにカセッテを交換する必要があったため、その都度体位変換などで疼痛を伴っていましたが、今回導入しましたFPD(フラットパネルディテクタ)では撮影体位を変更する際でもカセッテを入れ替えることなくそのまま繰り返し撮影を行えるため、撮影時の苦痛の低減にもつながります。

また、現像の手間が省けることから、レントゲン検査をお待ち頂く時間の短縮にもつながります。

 

最新機種FPD(フラットパネルディテクタ)をフル活用し、受診される患者さまの検査がよりよいものへとなるよう取り組んで参ります。レントゲンのことで、分からないことがあれば気軽にご相談ください。