06-4961-5700

menu

PFC-FD™療法

変形性膝関節症に対するPFC-FD療法

ゆたかクリニックでは、2022年6月から、革新的な膝関節治療となるPFC-FD療法を開始します。PRP-FDは血小板由来因子濃縮物(Platelet-derived Factor Concentrate Freeze Dry)の略です。

体の組織がダメージを受けたときに、体が本来持っている回復能力をうまく引き出して、その組織を治してあげる医療です。

『入院や人工関節は避けたい』『年齢的に手術を受けるのが困難』『ヒアルロン酸注射の効果が感じられない』などの悩みを抱えている方に是非知っていただきたい、自己治癒力を高め、切らずに痛みを改善させる治療法です。

ご自身の血液から血小板を取り出し、そこから抽出した有効成分(成長因子)を使用します。抽出した成長因子を膝に注射するだけで、注射から2〜4週間かけて、膝の症状が改善されます。従来の保存療法(関節内ヒアルロン注射など)では成し得なかった効果を持つ、大変優れた治療法です。

ご自分の血液から抽出した成分の為、治療中に拒絶反応が起こるリスクは極めて低く、細胞加工は国(厚生労働省)の認可を得た施設で行うので、安全性も担保されています。

変形性膝関節症に対するPFC-FD療法は、日本ではまだ保険診療としては承認されていませんが、体に大きな負担をかけない革新的な治療法として、治療の選択肢を広げます。当院では、自由診療としてPFC-FD療法を御提供いたします。

採血と注射で完了する治療なので、年齢の上限制限はありません。

治療痕が残りにくく、何度でも治療を受けることができます。

1回の投与で修復作用が上手く働けば、痛みの軽減や機能改善に対する長期的な効果持続が期待できます。約624カ月効果が持続していたとの報告があります。

 

ただし下記に該当する方はPFC-FD療法を受けることができません。

がん治療中

感染症がある(B型肝炎、C型肝炎、HIVなど)

発熱がある

薬剤過敏症がある

免疫抑制剤を飲んでいる

治療の流れ

1.採血(片膝に対して約50ml)します。

2.細胞加工の為、国(厚生労働省)の認可を得た施設へ血液を送ります。

  血球成分を取り除き、血小板より成長因子のみを抽出し、フリーズドライ加工を行います。(約2〜3週間かかります)

3.加工された成長因子を生理食塩水で戻し、患部に注射器で注入します。

4.注射後に固定したり安静を指示することはありませんが、激しい運動は控えてください。

5.注射して1週間後より、リハビリ加療の併用も可能です。

経過

治療後3〜4日:過度な運動は行わず経過を見ます。

治療後1週間から効果を感じ始めます。リハビリテーションを開始、徐々に運動の強度を上げていきます。スポーツの再開もOKです。

治療後1か月で痛みは軽減し、思い通りに身体を動かせます。痛みが引いて症状の改善も実感できる期間です。

効果持続は1か月~最大2年ほど痛みが改善している方もいます。靭帯組織に関しては完全に治癒する例もあります。後に、膝にヒアルロン酸注射を追加することも可能です。

費用

保険外診療となりますので、初診料が5,500円(再診料2,200円)、ひざ関節注射(片膝)165,000円となります。

初回の検査で治療適応と判断されなかった場合には採血・検査料16,500円のご負担をお願い致します。

また保険診療と同日診療が出来ないため別日で診察日の調整が必要になります。